中道リース株式会社

メニュー

※入力後Google検索に遷移しサイト内検索結果を表示します

企業情報
環境会計

環境保全への取組を効率的かつ効果的に推進していくことを目的とし、環境省「環境会計ガイドライン」に基づき、定期的に測定、算出しています。

2019年度 環境会計

Ⅰ)環境保全コスト

(単位:千円)

分類 主な取り組み内容 投資額 費用額
(1)事業エリア内コスト 0 1,282
内訳 地球環境保全コスト 環境配慮型車輌の導入   291
省エネ機器導入 0 0
カーボンオフセット排出権購入など   990
資源循環コスト マニフェスト伝票、MIXペーパー袋代金など   1
(2)上・下流コスト 0 2,371
内訳 グリーン商品購入   200
リース満了物件の回収費、処理費   2,171
(3)管理活動コスト 0 1,548
内訳 環境監査費用、環境教育費用   755
ISO14001審査費用   550
委託業者現地調査費用など   243
(4)社会活動コスト 自然保護事業などの活動 0 1,927
合計 0 7,128

Ⅱ)環境保全効果

環境保全効果の分類 環境パフォーマンス指標(単位) 前期(基準) 当期 環境保全効果
事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(Mj) 2,948,412 2,907,933 40,479
(オフセット後) 2,816,616 2,773,401 43,215
事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する環境保全効果 CO2排出量(Kg-CO2) ※1 258,568 257,533 1,035
(オフセット後) 239,824 238,399 1,425
一般廃棄物排出量(t) ※2 2.21 1.77 0.4
コピー用紙使用量(枚) 1,528,449 1,542,038 △13,589
事業活動から算出する財・サービスに関する環境保全効果 産業廃棄物(リース満了物件)最終処分量(kg) 418 519 △101
  1. 電力会社公表の平均係数を基に算出
  2. 測定対象:札幌本社

Ⅲ)環境保全対策に伴う経済効果(実質的効果)

(単位:千円)

効果の内容 金額
収益 リース満了物件の売却利益 69,030
費用節減 環境配慮型車輌導入、燃費向上による燃料費削減 1,307
コピー用紙使用量削減 △968
3R推進による廃棄物処理費の削減 △1,516
電気使用量削減 △144
合計 67,709
JQA-QM7707 JQA-EM6269 JAB CM009 4REST