中道リース株式会社

メニュー

※入力後Google検索に遷移しサイト内検索結果を表示します

トピックス

2019.09.08

北海道 地域の魅力 95 鷲ノ木遺跡

北海道 地域の魅力 95 鷲ノ木遺跡

2003年、縄文時代後期前半のものとされる遺跡が発見されました。
意思を円形に並べたストーン・サークルは北海道では最大規模で、1640年の駒ケ岳噴火による暑い火山灰等に覆われていたことから保存状態も良好。
国の史跡にも指定されています。
 
元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年9月8日掲載

2019.08.11

北海道 地域の魅力 94 童話村たきのうえ ふるさとまつり

北海道 地域の魅力 94 童話村たきのうえ ふるさとまつり

9月7日~9月8日に開催される「童話村たきのうえ ふるさとまつり」では林業が盛んな滝上町らしいイベント「全日本丸太早きりチャンピオン大会」が行われます。
ほかにも滝上町の自然を味わう「渓谷ウォーク」なども。
どちらも道内外から参加者が訪れ、お祭りを盛り上げます。
 
元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年8月11日掲載

2019.07.14

北海道 地域の魅力 93 サーフポイント フンベ

北海道 地域の魅力 93 サーフポイント フンベ

近年、全国のサーファーが注目している広尾町。黄金道路と呼ばれる国道336号沿いの「フンベ」は、特にいい波が立つことで有名です。サーフショップを中心に、より多くの人がサーフィンを楽しめる町の環境づくりにも取り組んでいます。

 
元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年7月14日掲載

2019.06.09

北海道 地域の魅力 92 森ジャム

北海道 地域の魅力 92 森ジャム

大自然に囲まれた下川町では、毎年7月に森の恵みを楽しむイベント、森のジャムセッション「森ジャム」が開催されています。
初夏の木漏れ日が降り注ぐ森の中で、ワークショップなどを通じて北海道らしい特別な時間を味わえると、年々ファンを降らしています。

 
元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年6月9日掲載

2019.05.12

北海道 地域の魅力 91 クジラの見える丘公園

北海道 地域の魅力 91 クジラの見える丘公園

世界自然遺産知床に代表される自然に囲まれた羅臼町には、陸からマッコウクジラの観察ができる公園があります。
見晴らしの良いウッドデッキから双眼鏡をのぞくと、クジラの潮吹きのほか北方領土や定置網漁業の様子など夏のオホーツク海の姿を一望できます。
 
元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年5月12日掲載

2019.04.14

北海道 地域の魅力 90 雄阿寒岳

北海道 地域の魅力 90 雄阿寒岳

標高1,499m、足寄町と釧路市にまたがる雄阿寒岳。
約2万年前から何度も噴火を繰り返し、10もの山が複雑な山体を形成しました。
頂上付近では硫黄の匂いとともに、現在も活動している火口を望むことができます。

 

元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年4月14日掲載

2019.03.10

北海道 地域の魅力 89 オホーツクメープルシロップ

北海道 地域の魅力 89 オホーツクメープルシロップ

自然豊かな美幌町では、貴重な国産メープルシロップが作られています。
~3月にかけて町内のイタヤカエデから樹液を採取し、長時間煮詰めることで出来上がる商品は「びほろブランド」にも認証され、近年人気の特産品です。

 

元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年3月10日掲載

2019.02.10

北海道 地域の魅力 88 二股温泉の石灰華

北海道 地域の魅力 88 二股温泉の石灰華

札幌と函館のほぼ中間点に位置する長万部町の二股らぢうむ温泉。
前の通り天然ラジウムを含む、世界でも珍しい泉質が特徴です。
天風呂から見える巨大な岩盤は、湯の花が何万年も堆積したもの。
石灰華ドーム」と呼ばれており、北海道指定天然記念物としても有名です。

 

元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年2月10日掲載

2019.01.13

北海道 地域の魅力 87 天に続く道

北海道 地域の魅力 87 天に続く道

まるで空まで伸びているかのような、まっすぐな道。
「天に続く道」と呼ばれるその風景は、北海道の壮大なスケール感を体現しています。
世界自然遺産・知床の四季折々の姿を見ることができるため、多くの人が訪れる景勝地です。
※冬期間は積雪により駐車場がご利用いただけません。 
 

元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2019年1月13日掲載

2018.12.09

北海道 地域の魅力 86 深川林地

北海道 地域の魅力 86 深川林地

過湿泥炭地で樹木が育たず、冬は線路が雪に埋没し列車の立ち往生が頻発していた宗谷線剣淵・士別間。
深川冬至氏が土壌改良法によりドイツトウヒを植栽し1942年に 防雪林が完成、列車の安定輸送が実現しました。
北海道選奨土木遺産に認定されています。

 

元気を明日へ――中道リースです。
日本経済新聞 2018年12月9日掲載

JQA-QM7707 JQA-EM6269 JAB CM009 4REST